忍者ブログ

へぷたなすくろーる

RPGツクールのブログです。イベント講座とRGSS3スクリプト配布をやってます♪

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スイッチ
フラグ管理のために用意されている基本機能の1つ。
このスイッチを理解できるかどうかが、ツクラー最初の壁となるだろう。
フラグ管理、というのはゲームの進行を制御すること。
ゲームを進めていくと新しいイベントが出現したり
あるイベントが消えたり、会話セリフが変わったりする。

最初は全てのスイッチは「OFF」になっており
イベントコマンド「スイッチの操作」でONにすることができる。
イベントコマンド「条件分岐」や、イベントの出現条件などに
スイッチがONかどうかを指定することができる。
つまりゲームが進んだときに、特定のスイッチをONにしていき
変化するイベントは、そのスイッチを条件に設定すれば良い。

スイッチだけで管理するのは大変だ
と感じるようになったら君もフラグマスターだ。
次は変数に手を出すと良い。

変数
スイッチより高度なイベントを作るのに役立つ機能。
余談だが初期のツクールにはスイッチしか搭載されていなかった。
スイッチに入っているのは「ON」と「OFF」のどちらかだが
変数には整数(...,-2,-1,0,1,2,...)の何れかが入る。
これは非常に大きな進化となる。

ゲーム進行をスイッチで管理するなら大量のスイッチが必要だが
変数ならば1つの変数を1→2→3→...と増やしていけば良い。
細かいフラグのみスイッチを使うようにすれば効率的だ。

また、イベントコマンド「変数の操作」を見れば分かるとおり
単に数を入れるだけでなく、足し算や掛け算をすることも可能。
またゲームデータの項目から、アクターのステータスや
所持しているアイテムの数などを代入することも出来る。

このように拡張性に富んでいる反面
やれることが多すぎて良く分からないという初心者も多い。
・スイッチと同じように「判定」に使うこと
・中には1つの「数字」が入っていること
基本はこの2つだけなので、混乱したらこれを思い出そう。

拍手[5回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カウンター

ブログ内検索

アーカイブ

最新コメント

[07/02 Akoganubeb]
[07/01 micheleSr]
[06/30 hamletSr]
[06/28 ゴーゴン]
[06/28 Akioronis]

プロフィール

バナー

HN:奈々(なな)
RPGツクールVXAceを中心に製作を行っています。 スクリプト、イラスト、ドット絵など広くちょこちょこ手を出していますので、 できる範囲で他のツクーラーさんのお手伝いができたらなと思っています。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- へぷたなすくろーる --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR