忍者ブログ
RPGツクールのブログです。イベント講座とRGSS3スクリプト配布をやってます♪
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[11/28 おばけ]
[11/17 TEAM品が9]
[10/23 s/ash]
[10/15 いちの]
[10/09 葵水風花]
プロフィール
バナー

HN:奈々(なな)
RPGツクールVXAceを中心に製作を行っています。 スクリプト、イラスト、ドット絵など広くちょこちょこ手を出していますので、 できる範囲で他のツクーラーさんのお手伝いができたらなと思っています。
現実の時刻(=PCの時計)を変数に入れることができます。
期間限定イベントや、某ど○ぶつの森のようなシステムにどうぞ。

使い方
イベントコマンドの「スクリプト」に書く。
nrt_year(n)  :n番の変数に年を代入
nrt_month(n)  :n番の変数に月を代入
nrt_day(n)  :n番の変数に日を代入
nrt_hour(n)  :n番の変数に時を代入
nrt_min(n)  :n番の変数に分を代入
nrt_sec(n)  :n番の変数に秒を代入
nrt_wday(n)  :n番の変数に曜日を代入

拡張機能
スクリプトにある設定項目を変更する。
・セーブ&ロード時に日数取得
SAVE_LOAD_MODE = true / false  :機能の有効 / 無効
SAVE_DAYS = n  :セーブ時に日数を入れる変数ID
LOAD_DAYS = n  :ロード時に日数を入れる変数ID
この機能を有効にすると、セーブ時とロード時に指定変数に日数が代入されます。
日数は「年が360日、月が30日、時刻は切り捨て」で換算された数で
例えば2013/11/16なら725026となります。

ロード時の日数からセーブ時の日数を引くことで
「何日後にロードしたか」が分かります。そういう機能です。

・常に月~秒までを取得
ALLWAYS_MODE = true / false  :機能の有効 / 無効
AW_MONTH = n  :月を受け取る変数ID
AW_DAY = n  :日を受け取る変数ID
AW_HOUR = n  :時を受け取る変数ID
AW_MIN = n  :分を受け取る変数ID
AW_SEC = n  :秒を受け取る変数ID
この機能を有効にすると
指定した変数に時刻が常に代入され続けます。


スクリプトをダウンロード

拍手[15回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
これを使えばログイン/連続ログインボーナス(起動/連続起動ボーナス?)システムが作れそうなんですが、今一どう組んでいいかわからず・・・
妖怪ウォッチの1日1回システムならこれで・・・いや、やっぱり難しそうw
コンドルさん / 2017/02/11(Sat) /
無題
いや、ロード時の日数からセーブ時の日数を引くことで「何日後にロードしたか」が分かる。
1日後のログインならアイテムがもらえ、2日以上開くとリセットでいける?
コンドルさん / 2017/02/11(Sat) /
Re:無題
こんにちは、管理人の奈々です。
お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
コメントありがとうございます。


結構簡単に作れますよ。
この場合は、セーブ・ロードで取得する2つの日付の他に
もう1つ日付(変数)を用意するべきですね。

まず、基本的な考え方はコンドルさんの言う通り
「ロード日付 - セーブ日付」で
0ならボーナスなし、1なら連続ボーナス、2以上ならリセット処理
というログインボーナスイベントを作ることですね。

問題はこのイベントをロード直後に1回だけ起動する方法です。
スクリプトを弄ればそういうイベントも作れますが、普通の方法だと出来ないので
並列コモンを使って常時判定する形で実装します。

そしてイベントの最後で現在の日付を別の変数に取得し
イベントの一番最初に
ロード日付とその日付が同じなら、イベントを中断する処理
を入れます。
これで「ログインボーナスの判定は1日1回」を再現できると思います。
 (2018/05/10)
Copyright © へぷたなすくろーる All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]