忍者ブログ
RPGツクールのブログです。イベント講座とRGSS3スクリプト配布をやってます♪
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[11/28 おばけ]
[11/17 TEAM品が9]
[10/23 s/ash]
[10/15 いちの]
[10/09 葵水風花]
プロフィール
バナー

HN:奈々(なな)
RPGツクールVXAceを中心に製作を行っています。 スクリプト、イラスト、ドット絵など広くちょこちょこ手を出していますので、 できる範囲で他のツクーラーさんのお手伝いができたらなと思っています。
RPGツクールVXAceで制作したゲームの画面サイズは
通常だと「544*416」になるが、この数値は変更可能である。

スクリプトのリストに新しい項目を作り
Graphics.resize_screen(x, y)
と入れるだけで、画面サイズを「x*y」に設定できる。
但し、設定できる画面サイズは最大で640*480まで。

このテクニックは、ゲームによって向き不向きがある。
詳しい解説は続きから。
注意点
640*480にした場合、表示されるマップ画面は
プレイヤーが画面中央にくる場合だと
横21マス*縦15マスで、両端のタイルは1/2表示となり
そうでない場合は20マス*15マスとなる。

またこのサイズ以下のマップで画面ループさせると
画面スクロールがおかしな挙動となるので注意する。
それ以外は、マップ画面での目立った不具合はない。

タイトル画像は640*480のものを、そのまま指定すれば良い。
このようにマップ画面のみを使うゲームであれば有効な手段となる。
(パズルゲームやアドベンチャー、自作メニューを使うゲームなど)

問題点
マップ以外の画面や、追加スクリプトはレイアウト上の問題が起きやすい。
基本的に画面座標(位置やサイズ)を直接指定しているものは
画面サイズの変更に対応しないため、結果として左上に寄る。
そうでないものも、ウィンドウが広がり右側に余白ができやすい。

また戦闘背景もタイトルと同じで大きくする必要があるが
タイトルと比べると数が多く、用意や作成が難しい。
こういった欠点から、普通のRPGに使うには厳しいものがある。

他方、レイアウト調整や画像の拡大なども行ってくれる
「画面サイズ変更」系のスクリプト素材があるので
スクリプトを改造できない人はそちらを利用した方が良いだろう。

拍手[3回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © へぷたなすくろーる All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]