忍者ブログ

へぷたなすくろーる

RPGツクールのブログです。イベント講座とRGSS3スクリプト配布をやってます♪

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このコーナーでは、主に初心者さんに向けたイベントのテクニックを紹介していきます。
RPGツクールVXAceで説明していきますが、多くはVXや他のツクールでも可能です。

第二回の番外編です。
「曜日の追加」と「参照変数の追加」を例にしてイベントの改造方法を紹介します。
つづきはこちら、からどうぞ。

拍手[2回]

参照用変数を追加する
第二回の中で、特定の時間で分岐するイベントを作るには
「時」や「分」の変数で条件分岐すれば良いよと紹介しました。
しかし、この方法だと条件分岐が多くなるのがちょいと厄介です。
特に「3月15日の9:30から4月3日の20:00まで」なんて作ろうとすれば・・・。

そこで、条件分岐を1発で行える変数「時間参照用」を追加します。
といっても仕組みは簡単です。
変数の操作:「秒」を加算+=1
変数の操作:「時間参照用」を加算+=1
条件分岐:変数「秒」が60以上
  変数の操作:「分」を加算+=1
  変数の操作:「秒」に代入==0
条件分岐:変数「分」が60以上
  変数の操作:「時」を加算+=1
  変数の操作:「分」に代入==0
条件分岐:変数「時」が24以上
  変数の操作:「時」に代入==0
  変数の操作:「時間参照用」に代入==1
ウェイト:58F

この「時間参照用」は「秒」と同じように増えますが、「分」や「時」への変換は起きません。
なので全ての時間の合計(単位は秒)が格納された変数になります。
これを使うことで今まで「時が3で分が15で秒が30」と3つの条件分岐を使っていたところが
「時間参照用が(3*60*60)+(15*60)+30=11730」という1つの条件分岐に収まります。
尤も計算が面倒なので一長一短ですがね。

曜日を追加する
基本的に「日」「月」「年」なんかは時刻と同じ方法で追加できますが
曜日の追加は少しだけ工夫が必要です。
といってもこれまた条件分岐を少し考えて配置するだけのことです。
(省略)
条件分岐:変数「時」が24以上
  変数の操作:「日」を加算+=1
  変数の操作:「曜日」を加算+=1
  条件分岐:「曜日」が7以上
    変数の操作:「曜日」に代入==0
  変数の操作:「時」に代入==0
条件分岐:変数「日」が31以上
  変数の操作:「日」に代入==1

曜日が変わるのは日付と同じタイミングですので、そこに処理を加えます。
曜日は七つなので0123456で、7以上の場合は0に戻るようにする。
ね、簡単でしょ♪

第二回と今回で使った「まず加算して、条件分岐で○○以上ならリセット」という処理は
主にループさせる処理でとっても良く使うやり方ですので詳しく掘り下げてみました。
次回はもっと簡単、かつ派手なコモンイベントを紹介する予定です。お楽しみに!
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カウンター

ブログ内検索

アーカイブ

最新コメント

[07/02 Akoganubeb]
[07/01 micheleSr]
[06/30 hamletSr]
[06/28 ゴーゴン]
[06/28 Akioronis]

プロフィール

バナー

HN:奈々(なな)
RPGツクールVXAceを中心に製作を行っています。 スクリプト、イラスト、ドット絵など広くちょこちょこ手を出していますので、 できる範囲で他のツクーラーさんのお手伝いができたらなと思っています。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- へぷたなすくろーる --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR