忍者ブログ
RPGツクールのブログです。イベント講座とRGSS3スクリプト配布をやってます♪
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[11/28 おばけ]
[11/17 TEAM品が9]
[10/23 s/ash]
[10/15 いちの]
[10/09 葵水風花]
プロフィール
バナー

HN:奈々(なな)
RPGツクールVXAceを中心に製作を行っています。 スクリプト、イラスト、ドット絵など広くちょこちょこ手を出していますので、 できる範囲で他のツクーラーさんのお手伝いができたらなと思っています。
スキル同士の進化や派生を設定できるスクリプトです。
特定のスキルを前提とするスキルや
特定のスキルを使えなくするスキルを設定できます。

特に、VXAceの「特徴」を活かした
転職システムやスキルを追加する装備品を補強するために設計しており
「魔法を全体化する装備」「対応する魔法剣を使える職業」なども作れます。

一見複雑ですが、使用条件を満たさないスキルを非表示にするため
スキルリストは整理されてむしろユーザーフレンドリーです。


【使い方】
データベースのスキルのメモ欄にタグを書きます。(複数可)

<前提スキル n>    n番のスキルを習得していないとリストに現れません。
           装備品やアイテムで自由にスキルを習得するゲーム向きです。

<削除スキル n>    n番のスキルをリストから削除します。
           上位互換のスキル習得時や、スキルのデメリットとして。

<進化スキル n>    前提スキル+削除スキルの組み合わせです。
           スキルの進化・派生を演出することができます。

※具体的な使い方については、続きからにて解説しています。


スクリプトをダウンロード

拍手[4回]

PR

マップイベントを複数のイベントに分割します。
これにより、1マスに1つのイベントしか配置できない仕様を回避します。

特に、見た目の問題で重ねて配置したいイベント
(例えば机とコーヒーなど)を簡単な操作で配置できるようになります。
イベントでマップチップを補完するのはツクールの基本テクニックなので
それが圧倒的にやりやすくなると思います。

【使い方】
イベントの設定
イベントコマンドの「注釈」で入力します。
ページの一番上である必要があります。
(正確には記入位置より上に、注釈以外のコマンドがあると機能しません)

<イベント分割>
このページより以降を、新たなイベントとして分割します。
複数のページに記入することで、幾つでも分割が可能です。

分割したイベントは、新しいイベントIDを持ちます。
従ってイベントIDを参照する必要のあるもの(移動コマンドで動かすなど)は
最初の分割より前のイベントとして作って下さい。


スクリプトをダウンロード

拍手[7回]

ゲーム開始時にセーブスロットを選択します。
以降、セーブ画面では選択したスロットへの上書きセーブしか行えません。
またセーブスロット数の変更とオートセーブを実装します。

ローグライクゲームのような、セーブを制限するゲームが作成できます。
ランダム要素をセーブ&ロードでやり直されたくない方にオススメです。

【使い方】
初期設定
スクリプト内の記述を変更します。

Max = n
セーブスロットの最大数を指定します。

SaveMessage = "メッセージ"
通常セーブ(上書きのみ)で表示するメッセージを指定します。

イベントの設定
イベントコマンドの「スクリプト」で入力します。

n7_auto_save
オートセーブを行います。特にメッセージ等は表示されません。

n7_manual_save
ゲーム開始時と同様、スロットを選択するセーブ画面を開きます。
部分的にセーブの縛りを解除したいような状況で使います。


スクリプトをダウンロード

拍手[4回]


※素材提供:三日月アルペジオ様
選択肢を表示した際に、指定した選択肢を選べないようにします。
条件を満たしていないと選べない選択肢や、メニューの作成にどうぞ。

メリットは選択肢を増減するよりも簡単なのと
あえて選べない選択肢を見せられることですね。

【使い方】
※前提スクリプトとして透過文字(Ver1.1以降)が必要です。

イベントの設定
イベントコマンドの「スクリプト」で入力します。

n7_choice_canseler(n, true / false)

nは選択肢の番号です。上から順に1~4で、キャンセル分岐が5になります。
(選択肢が3つ以下でも、キャンセル分岐は5です)
falseを指定することで、その選択肢は半透明になり選択不能になります。
trueを指定すると、選択肢が選べるようになります。

一度選択肢を表示すると、全ての選択肢がtrueに戻ります。
基本的には選択肢毎に、条件分岐を使ってキャンセラーを記述していく
というような使い方を想定しています。


スクリプトをダウンロード

拍手[3回]



選択肢のウィンドウ幅は「入力した文章」を元に決まる仕様です。
制御文字を考慮していないので、幅が合わないことがあります。

・例
¥N[n]:アクター名に置き換わるので、実際の幅は増える。
¥C[n]:実際には表示されないので、幅は減る。

これを「表示される文章」の幅に合わせるよう修正します。
制御文字を増やすスクリプト素材についても、ある程度対応しています。

また短い文字だと余白が入るようになっていますが、それも修正します。
余白を入れたい場合はスペースを入力して下さい。

【使い方】
初期設定の必要はありません。
スクリプトの欄に入れるだけでOKです。


スクリプトをダウンロード

拍手[6回]

Copyright © へぷたなすくろーる All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]